森のマルシェきころは
「木」の「心(こころ)」
「喜」の「心(こころ)」
「生」の「心(こころ)」
「着」の「心(こころ)」
「希」の「心(こころ)」
そんな想いをこめて浜松市天竜区に設立した森のマルシェ「きころ」です。食の販売のみならず、地域のコミニュテイ形成を図る地域の情報発信を有した施設です。

〒431-3314 浜松市天竜区
二俣町二俣1266-1

営業時間:10:00~18:30
定休日:水曜日と第2火曜日

053-589-3737

天竜の地域活性コミュニティ施設

営業時間:10:00~18:30
定休日:水曜日と第2火曜日

オープン
クローズ

Information 店舗からのお知らせ

「まずは塩にぎりで食べて!」掛川市【遠州沖ちゃん塩】の塩づくりを取材してきました!≪きころ版 塩の道 ご縁街道~其の一~≫
マルシェ

2022.03.09

「まずは塩にぎりで食べて!」掛川市【遠州沖ちゃん塩】の塩づくりを取材してきました!≪きころ版 塩の道 ご縁街道~其の一~≫

はじめに。 塩の道って何?

みなさん「塩の道」ってご存じですか?

かつて、海で採れた塩や海産物を海のない内陸地方へ運び、内陸からは木材や山の幸を海岸の地域へ運んでいた道のことです。
この「塩の道」は日本の各地域に存在しており、その中の1つが静岡県西部にあったんです。
静岡県の牧之原市相良から掛川~森~春野を経て長野県の塩尻までの230㎞に及ぶ道が『南塩ルート』と呼ばれています。


きころスタッフあやかちゃんが塩の道の起点の碑に行ってきました!

その中の一部は天竜区の秋葉神社への信仰の道でもあったため、『秋葉街道』とも呼ばれています。
そこで同じ天竜区にあるきころでは
【きころ版 塩の道 ご縁街道】と題し
塩の道にゆかりのある地域の物産を集めてみました!

これからシリーズでご紹介していくので
古(いにしえ)に想いを馳せながら読んでみて下さいね。


記念すべき第1回目は
掛川で昔ながらの製法で塩を作っている
沖ちゃんクラブさんの【遠州沖ちゃん塩】をご紹介します。




実際に現場に行って
塩づくりを見せてもらいましたよ~。

 
沖ちゃん塩のできるまで


朝5時。遠州灘から汲み上げた1000ℓの海水を
塩釜に入れ火を焚いていきます。

ここから20~30㎏の塩ができるそうです。


最初はちょろちょろ、中ぱっぱ。
お米を炊くようにおいしくなーれおいしくなーれ!と愛情を持って煮詰めます。
その時間は何と約10時間!
煮詰めている間、何度もザルでこして綺麗にしていきます。
とても気合のいる作業ですね。



煮詰めていくと塩の結晶が浮かんでくるので
すくってびくに詰めていきます。



このびくも手作りなんだそうですよ!



びくの先端から水分が出てきます。
これがにがりだそうです。

4~5日つるして脱水した後
5、6時間天日干しをします。



ふるいにかけ、かたまりをとったら
ようやく完成です!

雨の多い季節や風の強い日、空気の乾燥している季節によって仕上げにかかる時間も変わってきます。
昔ながらの製法で薪を燃やし、じっくり手間暇をかけた出来立ての塩をいただきました!

混じりっ気なしの無添加の塩は
まろやかで味わい深く
塩にぎりにして食べたくなりました……!

後日、きころのキッチンスタッフさんに
塩にぎりを作ってもらったらまぁおいしいこと!
塩気だけでない深い味わいで
ご飯も甘く感じましたよ(≧▽≦)

味噌作り、梅干しづくりに使っていただくのもおすすめです。

 
塩だけじゃない!体にうれしい天然のミネラル【にがり】


塩づくりの際にできた副産物のにがりは
マグネシウムが含まれています。

このマグネシウムは
現代人に不足しがちなミネラル成分で
腸をきれいにするデトックス効果や
余分な脂肪をため込まないようにする効果があります。
(取りすぎるとお腹がゆるくなってしまうそうなのでお気を付けください!)

マグネシウムが不足すると、
血液中のカルシウムが減ってしまうので
歯や骨の形成にマグネシウムは欠かせないんです。

花粉症の軽減にもなるそうですよ。
すごいぞにがり!

コップ1杯の水やみそ汁に1~2滴入れたり、ご飯を炊く時に入れてもOK!
豆乳と混ぜて手作り豆腐も作ることができるのでぜひチャレンジしてみてくださいね♪



沖ちゃん塩から作った飴もあるんです。
こちらは熱中症対策にぴったりですね!

 
塩が結んだつながり

沖ちゃんクラブさんは地元の方が
昔の人がやっていた様に海水から塩を作ってみよう!
という声から始まったコミュニティで、利益は考えていないそうです。

その代わり大切にしているのが人と人とのつながり。

先人の塩づくりを復活させたことで
各種のイベントに参加し
世代も地域も越えて、多くの人が出会い、仲間とつながることでみんなを元気にしています。

塩の道約250㎞を遠州沖ちゃん塩をかついで歩き、長野県の諏訪大社本宮に奉納したこともあるそうです!

きころも天竜のコミュニティの場として盛り上げていきたいと思っているのでとても通じるところがありました。

しかし、沖ちゃんクラブさんの会員数は
平成14年に発足した60人から現在は20人に減ってしまったそう。
後継者がいないのが最近の悩みだそうです。

若い方にも魅力を知ってもらい次の世代につながるといいですね。
きころは沖ちゃん塩を販売することを通して沖ちゃんクラブを応援していきます!

 
商品詳細


沖ちゃん塩 500g 918円(税込)
      100g 378円(税込)
天然にがり 100㏄ 378円(税込)
塩飴        324円(税込)



大地のめぐみコーナーで販売していますよ(^-^)
 

Pickup 関連記事